FC2ブログ

外貨獲得手段としてのアニメの殿堂

民主党のマニフェスト を読みました。

国立メディア芸術総合センターについては,「国営マンガ喫茶」と呼称し,21年度補正予算の117億円の建設費用について無駄遣いと指摘しています。

しかし,外貨獲得手段として考えた場合,ある程度の経済効果があるのではないかということを友人のブログ記事が示唆していました。
で,少し考察してみます。


【PJニュース 2009年7月16日】東京都が2008年の1年間で都内観光客数、観光消費額、および経済波及効果を調査したところ、国内旅行者は約4.3億人(2.5%減)と減少に転じた中、東京都を訪れた外国人旅行者は約534万人(0.1%増)と、過去最高を記録したことがわかった。

訪都旅行者が都内で消費した金額は4.5兆円(0.9%増)で、うち外国人旅行者によるものは3347億円(6.8%減)となった。また、この観光消費が都内経済に及ぼす生産波及効果及び雇用効果は9.8兆円(0.5%増)、56万人(2.1%増)で、うち外国人旅行者によるものは7345億円(6.8%減)4.1万人(6.9%減)となっている。生産波及効果の9.8兆円は、都内生産額の5.9%(前年同)に及ぶ。


どうやら既に東京都においては,外国人による経済効果が大きいようです。

また,岸慶応大学准教授は,国立メディア芸術総合センターが,外貨獲得手段としてだけでなく,クリエイティブ産業の保護・発展の観点から有用であると評価しています。


アニメの殿堂」ほど正しい予算の使い方はない

無駄遣いの象徴とされた事業費117億円の「アニメの殿堂」だが、見当違いも甚だしい。むしろ、無駄遣いとバラマキばかりの補正予算の中では数少ない真っ当な予算と評価すべき。
■ハリウッドの有名人は「まんだらけ」に行く
アニメやマンガが世界的に高く評価されていることは誰でも知っているだろう。浮世絵、黒沢明監督の映画などに続く日本文化の久々の快挙である。それにもかかわらず、オタク発・草の根出身の文化であるがためか、国内では冷遇されている。
例えば、日本のアニメの影響を受けたハリウッドの有名監督や大物プロデューサーが来日すると、必ずアニメやマンガが集まっているところに行きたが、結局みんな東京・渋谷の「まんだらけ」に行くそうである。
なぜそうなるのか。世界が評価するアニメやマンガを体系的にアーカイブし、その歴史や資産をちゃんとまとめた場所がないからである。
また、日本のアニメやマンガの歴史を体系的に理解している日本人は意外に少なく、よほど外国の研究者の方が詳しい。
■文化は政府が保護・発展させるべき
アニメやマンガは単なる娯楽ではない。今や文化なのである。文化である以上、政府が維持・保護・発展に関与するのは当然である。ハリウッドの有名監督が来日して日本のアニメやマンガを堪能できる場所が本屋しかないというのは、国として恥ずかしいと思うべきである。2009年6月8日


財源で厳しく追及されている民主党こそ,投資の回収可能性を担保した上で,新しい日本の観光資源として検討してみてもいいのでは?
神社・仏閣のような歴史的建造物に並ぶ観光資源になるかもしれませんし,入場料収入で建設費用がペイできるかもしれません。
アニメニューディールです。


2008年3月10日外国人向け秋葉原ツアー、参加者は香港が最多!
外国人向けにアキバの主要スポットを案内する『秋葉原新発見ツアー』の実施結果が発表された。この秋葉原ツアーは2005年から開催さているが、今回は1月20日から2月29日に行われた20回のツアーの結果を発表した。
 それによると、参加者は香港からが最も多く、順にシンガポール、アメリカ、オーストラリアと続いた。1回あたりの参加者は平均11人とのこと。


国立メディア芸術総合センター(が仮に建設された場合)の入場者数が国別ではどこが多いのか,も研究テーマとしては面白いですね。
スペインに留学していた友人に聞いても,アニメは人気があったらしいし,アジア圏も訪問者数では有力だし。

tag : 民主党のマニフェスト アニメの殿堂 外貨獲得手段 外国人

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

ほ~

ここまで調べるとは・・・


まんざらでもないでしょう?w

年間10億は固い

カリスマ氏

示唆ありがとうございました。
東京都に来る外国人500万人の5%がアニメの殿堂を訪問したとして,年間25万人。
国内の入場者と合わせて年間100万人は見込めるのでは?

一人1,000円だと,
1,000,000,000円の入場料収入が見込めます。

ちなみに日本最大のテーマパーク東京ディズニーランド&シーには2,700万人が来場しています(2008年)。すごいなぁ。

政策自体の議論ではなく,「マンガ好きを公言する麻生さんが人気回復のためにハコモノを建てたがっている」と捉えられたのがいけなかった…。

アニメの殿堂は民主党が名付け親

鳩山由紀夫によれば、アニメの殿堂は箱物であり、天下り先であり、税金の無駄遣いなのだと。
首相によれば、既にある建物を転用するので箱物ではなく、民間が運営するので天下り先にはならないという。
コンテンツ産業は、世界的に見れば27兆円の産業であり、日本のコンテンツ産業を伸ばすことにより、産業発展につなげるという。
毎年4兆円を投入して高速道路を無料化することが、はるかに税金の無駄遣いであり、利用しない人は増税を強いられる。
FC2カウンター
検索フォーム
プロフィール

itaxes

Author:itaxes
大学卒業後、銀行・官庁勤務を経て、社会人大学院生となる。
環境問題にかかる税金や賦課金制度について研究しています。

Twitter
 
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

2010(平成22)年度の雇用保険料率 新型と季節性 新司法試験 サイバー攻撃 ページビュー リコール 太陽電池の投資競争 父の日プレゼント 2009年の衆議院総選挙で当選した女性の数 硫黄固化体 アニメの殿堂 銀行員 一人勝ち 爆笑問題 犯罪の公訴時効撤廃・延長のための刑事訴訟法改正案 子飼弾 北海道の百貨店を取り巻く環境 雇用者数の減少 硫黄 雇用保険料率及び国庫負担の推移 クボタショック ジャルエクスプレス GDP比2%の財政出動 メディア統制 びまん性胸膜肥厚 丸井さん 派遣切り 雇用保険料率の推移 青少年に推奨できる番組は週3時間程度 岩隈 ワイルドスピード 京都議定書 すき家 中国の人口問題 中小企業の資金繰り支援 過去問 泉佐野市企業誘致条例施行規則 ジェットストリーム アスピレーシン・コンシュウーマー ボールサイン80 セグウェイ 逆進性アプローチ 調整型紛争解決 たばこ税 男子100mの世界記録の変遷 丸井さんを助けよう 新エネルギー・産業技術総合開発機構 金融商品取引法 自民党と共産党の連立 2事業とは エイジフリー 法化社会 ボリューム・ゾーン ワクチン製造中止 租税法ゼミ 憲法記念日 排出枠 終戦の日 光復節 ゲーム理論 ファーストリテイリング 超過死亡 法学部の試験に最適のペン トウキビ NEDO 母親になる環境 サムライジャパン 公訴時効 直リンク ものづくりの本質 法科大学院別合格者数 正社員の副業 クレジット・デフォルト・スワップ プリウスの原価 太陽光発電 Dropbox 公共政策大学院 久米宏 超過死亡概念 トヨタの時価総額 超油性ボールペン ブリヂストン バラエティーが嫌われる5つの瞬間 鶴雅 道内百貨店 外貨獲得手段 ハイブリッドカー ドイツ政府補助 奨励金 高島屋 内定取消の相場 貸し渋り OECD 厚生労働省 投資の歩留まり アメリカ合衆国法典18編213章3281条憲法第84条 三面等価の原則 派遣村 プレップ憲法 労働審判 中国 三菱鉛筆 日本民間放送連盟 テレビは見てはいけない 丸井今井再建 公務員の効率向上の特効薬 インフルエンザ トヨタ 合格発表 放送倫理検証委員会 障害者団体向け割引制度 italicycle 平成22年度税制改正要望 東京都排出量取引制度 日本年金機構 金融強化法 グーグル 外国人 マイカー保有の生涯コスト 中国からの撤退 中国が世界で一番車が売れる市場 全国百貨店売上高 第104回医師国家試験 三越 丸井さんの強み 有機農法 GM 国と企業との「共同不法行為責任」 日本はガラパゴス化している 不妊治療 サクラクレパス 年上女房 石綿肺 囚人のジレンマと談合 失業率は遅行指標 Google.cn 北洋銀行 左利き 始期付き解約権留保付き労働契約 PUMA 租税法 郵便法違反事件 残価設定プラン 反知性 個人情報保護条例 プロ意識 クラウドコンピューティングを自治体が導入 野田聖子 北海道銀行 ロースクール 日本国憲法第39条 三菱車購入補助 伊勢丹 08憲章 勝間和代 自治体クラウド AFLO 丸井今井 マイカーは依存性の高い嗜好品 公務員のリストラ 整理解雇の4要件 インフルエンザの感染者数 自治体のWTO違反懸念 ワークシェアリング プロ市民 エコ価値 スーパー公務員 グリーン電力証書 三越伊勢丹HD 派遣労働者をとりまく法的関係 マイカーの外部不経済 労働契約法 西武百貨店 「カエル!ジャパン」キャンペーン コーチャンフォー クラウド・コンピューティング メディアリテラシー  民事再生法 ユニクロ デンソー グリーン・ニューディール 民主党のマニフェスト 一括採用システム 社会保険庁 八月革命説 女性の雇用問題 ワークライフバランス