スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光庁という官公庁(人口比)

 今日は、2008年10月1日に発足した観光庁についてです。
-----------------------------------------------------------------------------
観光庁発足 地域と連携して成果を(10月3日 北海道新聞社説)
 観光地の魅力をさらに高め、国内外に発信したい。そうした地域の期待を背負って観光庁が発足した。
 海外には、政府観光局などの専門組織を設け、観光に力を入れている国が少なくない。それに比べ、日本の観光行政は立ち遅れていた。
 少子高齢化で国内消費が減少する中で、国内外の旅行者をいかに呼び込むか、知恵を絞る必要がある。
 観光行政の要となる組織ができたことを歓迎したい。
 国内で旅行者が宿泊や買物に使うお金は年間約23兆5千億円、海外からの観光客は同835万人に上る。政府はそれぞれ2010年までに30兆円、1,000万人に増やす目標を掲げてきた。
 観光庁は、2020年には外国人観光客を2,000万人に引き上げたい考えだ。これを単なる努力目標とせず、実現すべき公約としてほしい。
 国土交通省の外局である新組織は観光部門六課を再編した。外局の新設は2001年の中央省庁再編以来初めてである。定員は103人と20人余り増えた。しかし、予算、権限ともほとんど変わっていない。
 その中で目に見える成果を挙げるには、縦割り行政の壁を越えねばならない。
 査証(ビザ)の発給基準の緩和ひとつとっても、外務省や警察庁との折衝が不可欠になる。そうした調整ができてこそ、「庁」としての存在意義がある。
 注文しておきたいのは、地方自治体との連携の強化だ。
 外国人観光客が訪れる先は、3大都市圏が7に対し地方が3の割合である。北海道など地方にもっと足を運んでもらうには、観光の拠点づくりや交通手段の改善を地方と一緒に考える必要がある。
 自治体がそれぞれに観光振興を進める中で、周遊する旅行者の要望に応えきれていない地域も多い。
 道内でも
▽観光イベントの開催時期が重なっている
▽観光地の間を結ぶ交通手段が不便
▽圏域の観光情報がまとまって手に入りにくい
などの課題が指摘されている。
 そうした地域の要望や問題点を踏まえ、広域的な観光圏づくりを後押ししてもらいたい。観光庁の職員には地域に出向いて実情を肌身で感じ、政策に生かす気概も求めたい。
 道内では4月に北海道観光連盟が北海道観光振興機構に衣替えし、新たな取り組みが始まっている。 観光庁の初代長官に就任した本保芳明氏は小樽市出身の道産子。その本保氏が「日本の本当の魅力は地方にある」と指摘している。
 息の合った観光地の魅力づくりを期待したい。
-----------------------------------------------------------------------------

 もうひとつ記事を紹介します。こっちの方がわかりやすいです。

-----------------------------------------------------------------------------
「観光庁」って何をするところ?
 今年10月、国土交通省の外局として観光庁が設立されます。日本の『観光立国』化を目指し、国際的な相互理解の推進と地域経済の活性化を図るのが目的とのことですが、何をする組織ですか?
 「日本の観光的魅力をアピールすると同時に、日本人・外国人を問わず、旅行しやすい環境を整えることが役目です。外国人観光客の誘致、国内旅行の活性化、日本人の海外旅行の促進という3つの狙いがあります」(国土交通省総合政策局観光政策課課長補佐 瀬井威公さん)
 これまで観光行政は、国土交通省内の各観光課がその役割を担ってきましたが、それを一本化するのも今回の狙い。
 「さらに、農林水産省の農村振興策、文化庁の文化財行政、法務省の出入国管理や外務省のビザ発行業務など、他省の業務と重なる部分もありました。そこで、庁新設を機に、他省庁との協力体制もより効率化したいと考えています」(同)
 観光庁の新設を定めた観光立国推進基本法では、「住民が誇りと愛着を持てるような地域社会の発展」を基本理念としています。まずは、自分が住んでいる地域の魅力を発見することこそ、『観光立国』化の第一歩なのかもしれません。(ライター:小林ミノル)
-----------------------------------------------------------------------------

 キーワードは縦割り行政の弊害解消と、地方(公共団体)との連携のようです。
 「世界各国の旅行収支(受取)上位50」によると、2007年のランキング(単位:百万ドル)では

1位 アメリカ  118,817
2位 スペイン  57,883
3位 フランス  54,275
11位 タイ王国 15,572
18位 日本   9,345
22位 韓国   5,797
です。


これを人口百万人(※)当たりで計算(端数四捨五入)すると、

1位 アメリカ  118,817÷306=388
2位 スペイン  57,883÷44=1,316
3位 フランス  54,275÷62=875
11位 タイ王国 15,572÷63=247
18位 日本   9,345÷128=73
22位 韓国   5,797÷48=120

となります。
 外国人観光客の誘致の観点からは、人口比で検討した場合、かなり弱いのがわかります。
 上位国にかなり離されていますが、逆に魅力的なアピールによって伸びる余地があるとも考えられます。
 自動車生産も元気がないですし、外需を拡大することが大事かなと思います。

 でも、ニュースで聞いてたら観光庁なのか官公庁なのか…
 新しい同音異義語ですね。



※国際連合経済社会局人口部の作成の『世界の人口推計2006年版』のデータによる2007年7月1日現在の推計人口(出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

http://www.mlit.go.jp/kankocho/
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/121218.php
http://l25.jp/index.php/m/WB/a/WB001120/id/200802281103/ccd/012/rfg/1
http://www.iti.or.jp/stat/3-030-1.pdf

comment

管理者にだけメッセージを送る

即効性のある政策を

今回の観光庁設立の話、観光地札幌の住人として私もやはり気になりましたー。地下鉄の階段や車内、デパートなんかにもアジアからのお客さんを意識した案内、増えましたよね(^^)
ちなみに、私が普段生活していてアジアのお客さんが非常に多いと感じるスポットは、100円ショップとドラッグストア、あとやはり家電量販店ですが、実はベビー用品専門店にもすごく多いんですよ。やはり粉ミルクの影響なんでしょうか。ただそういうお店も商品も、消費者として想定してないんでしょう、表記もそうですが通訳できる店員さんもいなくて、お客さんも店員さんも意思疎通に必死でした。ああいう時、行政で『○○語通訳110番』みたいな電話サービスがあれば素晴らしいのに~と思います。
あと、先日札幌駅南口で『ファンケルどこですか』と尋ねられ、英語も通じなかったので案内しました。自分が海外で迷った時、道を尋ねてその人が案内してくれたら、その街は絶対良い街だったな~と記憶されませんか?
観光庁設立は良いですが、魅力ある観光地であるために、まずそこに住んでいる住人の意識をどうしたら本当にウエルカムにできるかに、是非まず税金を使って欲しいと思います(^^)

粉ミルク

iPodしゃっふる様

コメントありがとうございます。
また、母の視点からの考察、大変参考になります。
あと、外国人にもファンケルは人気なんですね。

私も勉強のお供に割とファンケルスタンド利用しています。

最近、大学院で英語(ビジネス英会話)の講義を履修しているのですが、中学校から学校教育で10年間英語を勉強していたのって全然会話には活かせられないですよね(涙)
むしろ英語に対する拒否反応が…

ともあれ、いま浦島久先生という北海道で一番有名(自称w)な先生に教わっているのですが、最初の30分程度で苦手意識を取っ払ってくれたことが驚きです。

脱線しました(笑)

>観光庁設立は良いですが、魅力ある観光地であるために、まずそこに住んでいる住人の意識をどうしたら本当にウエルカムにできるかに、是非まず税金を使って欲しいと思います

本当にそうですね。
具体的にはどういうことが政策として考えられますかね?
またコメントお願いします。

脱線脱線

すごい授業ですね!何曜日の何限目ですか?
実は、私も英語アレルギーで、十数年勉強したというのに、この前アメリカの先生に会った時、挨拶しかできなくて(-.-メ)、師匠に笑われました。
30分程度で苦手意識を取り除く授業があったら、ぜひ聞いてみたい(^0^)/

北海道一の英語講師

springさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

http://www.joyworld.com/blogs/urashimasnote/

小樽商科大学大学院ビジネススクールの講義なのです。
紀伊国屋ビルの3階に札幌サテライトがあって、単位互換制度で履修しています。

浦島先生はホントにすごいですよ。
本も売れているようですので、よかったら立ち読みしてください(笑)
http://www.amazon.co.jp/1分間英語で自分のことを話してみる-CD付-浦島-久/dp/4806124184

続・脱線

昨日の講義では,「外国人に電話をしてみよう」ということで実際に電話をしてみました。
いやーなかなかうまく話せないものですね。

緊張しました。

魅力ある観光地であるために

 全国のホテルや旅館のうち約4割が外国からの旅行者を受け入れておらず、うち約7割が今後も受け入れを望んでいないことが9日、総務省の調査で分 かった。政府は外国人旅行者を10年までに1000万人にする「ビジット・ジャパン・キャンペーン」を展開し、1日には国土交通省の外局として観光庁を発 足させたが、受け皿となる民間との温度差が浮き彫りになった。

 調査は4~5月、全国のホテルや旅館計1万6113施設を対象に郵送で実施。7068施設から回答があった(回答率43・9%)。

 外国人旅行者を受け入れていない宿泊施設は全体の37・8%。うち72・3%が「今後も受け入れたくない」と回答した。外国人旅行者を受け入れて いない30室未満の小規模な施設で、73・9%が「今後も受け入れたくない」と答えたほか、100室以上の大規模な施設でも同様に44・2%に上った。

 拒否の理由を複数回答で尋ねたところ、「外国語対応ができない」が75・7%で最多。次いで「施設が外国人旅行者向きでない」71・8%、「問題が起きたときの対応が不安」63・4%、「精算方法に不安」22・2%などが上位を占めた。

 総務省は来年にも、国交省や観光庁などに対応策をとるよう勧告する。【石川貴教】

毎日新聞 2008年10月10日 東京朝刊

魅力ある札幌へ

案内表示外国人に分かる? 札幌駅で「点検隊」(11/28 07:33)


 北海道運輸局は二十七日、外国人の目から見たJR札幌駅などの使い勝手の良さを調べる「ひとり歩き点検隊」を実施した。

 中国や台湾、韓国などからの留学生ら約二十人が参加。JR札幌駅のホームをスタートし、地下鉄やバス、タクシーへの乗り換えを想定して移動しながら、一時間半ほどかけて案内表示の分かりやすさを調べた。

 点検後は参加者が意見交換。「案内板に外国語で店舗名が表示されているが、何を売る店か分からない」「外国語が正確ではない表示もあった」などの指摘があった。点検の結果は、今後の施設整備の参考にする。
FC2カウンター
検索フォーム
プロフィール

itaxes

Author:itaxes
大学卒業後、銀行・官庁勤務を経て、社会人大学院生となる。
環境問題にかかる税金や賦課金制度について研究しています。

Twitter
 
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

NEDO 左利き たばこ税 ものづくりの本質 「カエル!ジャパン」キャンペーン 2事業とは 八月革命説 中国からの撤退 超過死亡 コーチャンフォー 雇用保険料率の推移 08憲章 超油性ボールペン 租税法ゼミ テレビは見てはいけない マイカー保有の生涯コスト 公務員のリストラ 公訴時効 自民党と共産党の連立 日本年金機構 雇用者数の減少 スーパー公務員 外貨獲得手段 北洋銀行 東京都排出量取引制度 排出枠 エイジフリー ゲーム理論 派遣労働者をとりまく法的関係 メディアリテラシー クラウド・コンピューティング 民事再生法 放送倫理検証委員会 バラエティーが嫌われる5つの瞬間 三面等価の原則 一括採用システム セグウェイ 外国人 不妊治療 泉佐野市企業誘致条例施行規則 ワークシェアリング 年上女房 硫黄固化体 三菱鉛筆 岩隈 GM  AFLO 鶴雅 Dropbox 金融商品取引法 太陽電池の投資競争 京都議定書 サムライジャパン 派遣村 西武百貨店 三越 貸し渋り 銀行員 法科大学院別合格者数 アメリカ合衆国法典18編213章3281条憲法第84条 青少年に推奨できる番組は週3時間程度 硫黄 中国が世界で一番車が売れる市場 グリーン電力証書 丸井さん 憲法記念日 郵便法違反事件 久米宏 三菱車購入補助 障害者団体向け割引制度 有機農法 合格発表 一人勝ち トウキビ Google.cn プロ意識 民主党のマニフェスト 公務員の効率向上の特効薬 OECD 野田聖子 中小企業の資金繰り支援 三越伊勢丹HD PUMA ドイツ政府補助 新型と季節性 2009年の衆議院総選挙で当選した女性の数 父の日プレゼント ワークライフバランス ハイブリッドカー 国と企業との「共同不法行為責任」 サクラクレパス すき家 日本国憲法第39条 丸井さんを助けよう 金融強化法 奨励金 反知性 北海道銀行 犯罪の公訴時効撤廃・延長のための刑事訴訟法改正案 ジェットストリーム 投資の歩留まり 太陽光発電 GDP比2%の財政出動 調整型紛争解決 逆進性アプローチ アニメの殿堂 囚人のジレンマと談合 ワクチン製造中止 法学部の試験に最適のペン リコール 道内百貨店 中国 派遣切り 労働契約法 italicycle 丸井さんの強み 始期付き解約権留保付き労働契約 インフルエンザの感染者数 2010(平成22)年度の雇用保険料率 租税法 ロースクール 母親になる環境 高島屋 デンソー 中国の人口問題 石綿肺 クラウドコンピューティングを自治体が導入 びまん性胸膜肥厚 丸井今井再建 メディア統制 第104回医師国家試験 クボタショック 新エネルギー・産業技術総合開発機構 雇用保険料率及び国庫負担の推移 失業率は遅行指標 全国百貨店売上高 インフルエンザ 光復節 新司法試験 超過死亡概念 個人情報保護条例 マイカーの外部不経済 トヨタ マイカーは依存性の高い嗜好品 社会保険庁 グーグル 爆笑問題 過去問 ユニクロ 公共政策大学院 日本はガラパゴス化している ワイルドスピード アスピレーシン・コンシュウーマー サイバー攻撃 男子100mの世界記録の変遷 プロ市民 ファーストリテイリング グリーン・ニューディール 勝間和代 ブリヂストン ボリューム・ゾーン 正社員の副業 残価設定プラン トヨタの時価総額 労働審判 ジャルエクスプレス 丸井今井 終戦の日 日本民間放送連盟 女性の雇用問題 直リンク 整理解雇の4要件 ページビュー 子飼弾 厚生労働省 法化社会 エコ価値 プリウスの原価 北海道の百貨店を取り巻く環境 平成22年度税制改正要望 プレップ憲法 クレジット・デフォルト・スワップ 伊勢丹 内定取消の相場 自治体のWTO違反懸念 ボールサイン80 自治体クラウド 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。