スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

There is not a Black America and a White America and Latino America and Asian America -- there’s the United States of America.(和訳)

和訳と英文を別ウィンドウで開きながらでようやく英語が聞き取れますが、それでも感動は十分伝わります。
より理解できるようにもっと勉強を頑張りたいと思います。
バラク・オバマの2004年7月スピーチ全訳
「希望が持つ大胆さ The audacity of hope」
OhmyNews 編集部(2008-02-22 23:00)
 バラク・オバマ氏のThe Speech(2004年7月27日の民主党全国大会での基調講演)の全訳は以下の通り。段落冒頭の数字は、YouTube動画(下記リンク)の経過時間表示。

【英語テキスト出典】バラク・オバマ氏のホームページ
http://www.barackobama.com/2004/07/27/keynote_address_at_the_2004_de.php

【YouTubeの動画リンク】
前半(9分37秒) http://jp.youtube.com/watch?v=JmfZbUOlJPE&feature=related
後半(8分06秒) http://jp.youtube.com/watch?v=9HiYSmiRX6U&feature=related


[前半1:19] ……今夜は私にとって特別、光栄です。なぜなら私がこのステージに立つことは、普通あり得ないからです。

[1:28] 私の父は外国人の学生でした。父はケニヤの小さな村で生まれ育ち、羊飼いをしながら、トタン屋根の学校に通っていました。

[1:38] 父の父、私の祖父は料理人です。英国人の家に仕えていました。祖父は自分の息子に大きな夢を持ち、私の父は懸命な努力と粘り強さで、夢の国アメリカで学ぶ奨学金を獲得しました。自由とチャンスへのかがり火として、やはり多くの先人たちを照らし続けてきたこのアメリカにです。

[2:03] 留学中、父は母に出会いました。母はカンザスで生まれました。母の父親は大恐慌の時も石油採掘と農場で働き続け、パールハーバーの直後、志願してパットンの陸軍に入り、欧州を進軍しました。祖母は故郷で赤ん坊を育てながら、爆弾製造ラインで働き続けました。

[2:37] 戦後、2人はGIビル(退役軍人への教育援助)の資金で学び、FHA(連邦住宅局)を通じて家を建て、後に仕事を求めてハワイに移住しました。そして彼らも娘に夢を持っていました。ひとつの同じ夢が、2つの大陸で生まれたのです。


2008年2月20日テキサス州ダラスの集会で(ロイター)
[2:55] 私の父と母は、あまり例のない愛を分かち合い、同時に、ひとつの変わらぬ信仰も共有していました。この国の可能性への信仰です。彼らは私にバラク、「祝福」という意味のアフリカ名を授けました。なぜなら寛容なアメリカでは、名前は成功への障害にならないと信じていたからです。彼らは裕福ではありませんでしたが、私がこの国で最高の学校に行くことを夢見ました。なぜなら寛大なアメリカでは、金持ちでなくても可能性は追求できるからです。

[3:30] 2人とももう亡くなりましたが、今夜は私をうれしく見下ろしているに違いありません。今日、私はここに立ち、親から受け継いだ多様性に感謝し、彼らの夢が私の2人の娘のなかにも生きていると実感します。「私の物語」はより大きな「アメリカの物語」の一部です。私よりも前にこの国にやって来た先人全員に、私は借りがあります。地球上の他の国では、「私の物語」は存在の可能性すらないでしょう。

[4:08] 今晩、私たちはこの国のすばらしさを確認するために集まっています。この国がすばらしいのは、高層ビルの高さや、軍隊の強さや、経済力の大きさのためではありません。私たちの誇りはひとつのシンプルな大前提にあります。

[4:25] 200年以上前に作られた独立宣言に要約された大前提、

私たちは以下の真実を自明のものとして支持する。すべての人は平等に造られ、奪われることのない諸権利が創造主から与えられている。その代表は生命、自由、幸福追求である

という大前提です。

[4:44] この言葉こそが、アメリカの本当の英知です。それは人々の質素な夢への信仰であり、小さな奇跡への執着です。

[4:58] たとえば夜、子どもたちを寝かしつけながら、この子たちの衣食が満たされ、危険から守られていると実感すること。突然ドアがノックされるかもしれない、などと怯えず、思っていることを口にし、書けること。賄賂を払ったり、コネで誰かの息子を雇ったりせず、自分のアイデアで事業を始められること。報復を恐れることなく政治活動に参加でき、自分たちの投票がきちんと数えられること――少なくとも、ほとんどの場合は。これらは夢であり、奇跡です。

  ◇

[5:30] 今年(2004年)のこの大統領選で、私たちは、自分たちの価値と公約を再確認し、厳しい現実を前にそれらを堅持できるかどうか、問われています。先人からの遺産と、未来の世代への約束とをどう調整するのか、問われています。

[5:44] そして、みなさん、民主党、共和党、無党派層のみなさんに、私は今夜伝えたい。我々にはやらなければならない仕事が、もっとあるということを。

[5:55] たとえば、イリノイ州ゲールズバーグで働く労働者のために、もっとやらなければならない。彼らはメイタグ社の工場で働いていましたが、工場がメキシコに移転し、職を失いました。彼らは今、時給7ドルの仕事を、自分の息子と争っています。

[6:08] また、私の会ったある父親のために、もっとやらなければならない。私と会ったとき、彼は仕事を失いかけていて、涙にむせびながら、途方に暮れていた。医療保険に頼れなくなったら、息子の薬代月4500ドルをどうやって払えばいいのか、と。

[6:22] また、東セントルイスのある若い女性のために、もっとやらなければならない。彼女は成績が良く、積極的で、やる気がある。けれども、大学に行くお金がない。彼女のような若者がこの地には何千人もいます。

[6:33] 誤解しないでください。彼らとは、小さな町、大都市、食堂、オフィス街の公園など、さまざまな場所で会いましたが、政府にすべて解決してもらおうなんて、彼らは思っていません。自分で一生懸命働いて、前に進むしかないことを彼らはわかっています。そして実際、そうしたがっています。

[6:47] シカゴ周辺の低所得者街に行ってみてください。住民は言うでしょう、自分たちの税金を、福祉事務所や国防総省の無駄遣いに浪費しないで欲しいと。

[6:56] どこでもいい、近くの低所得者密集地域に行ってみてください。町の人々は言うでしょう、政府だけでは、子どもに学びを教えることはできないと。

[7:08] 彼らは、自分たちが教えなければならないとわかっています。子どもが何かを達成するためには、自分たち親が子どもたちの期待を高め、テレビを消し、「黒人が本を読むのは白人のマネだ」などという中傷を根絶しなければならない、そうわかっています。

[7:26] 人々は政府にすべて解決して欲しい、などと期待していません。けれども感づいています。体の奥深く、骨の髄の部分で。ものごとの優先順位をほんの少し変えれば、すべての子どもたちが一定レベルの暮らしを期待できる政治を提供できるのではないか。機会はまだ全員に開かれ続けていると約束できるのではないか。

[7:45] 彼らは、われわれ民主党がもっと上手にやれることを知っています。そのための選択を欲しているのです。

  ◇


2008年2月20日ダラスの集会で(ロイター)
[7:50] この選挙で、その選択肢をわれわれは提供します。民主党はひとりのリーダーを選びました。彼はこの国の最善を体現しています。その男がジョン・ケリーです。

[8:08] ジョン・ケリーは、理想の地域社会、信仰、犠牲を理解しています。なぜなら、それらが彼の人生を形作ってきたからです。

[8:16] 英雄的なベトナム戦争従軍時代から、検察官、マサチューセッツ州副知事、20年におよぶ連邦上院議員の経歴を通じて、彼はこの国に人生を捧げてきました。容易な選択肢があっても厳しい道を選ぶ彼の姿を、私たちは何度も見てきました。彼の価値観と経歴を見れば、私たちのなかにある最善なものを確認できるでしょう。

[8:35] ジョン・ケリーは、ハードワークが報われる米国を信じています。ですから、仕事を海外に持ち出す企業にではなく、国内に仕事を創出する企業に減税策を与えるでしょう。ジョン・ケリーは、すべての米国人がワシントンの政治家と同じ内容の医療保険に加入できる米国を信じています。

[8:57] ジョン・ケリーはエネルギー資源の独立性も信じています。ですから、私たちの暮らしが石油企業の利益や、海外油田採掘でのサボタージュの人質になることはありません。

[9:08] ジョン・ケリーは憲法上の自由を信じています。これがこの国を世界中の羨望の的にしているのです。ですから、基本的な自由を犠牲にしたり、信仰をくさびに用いて国民を分断したりはしません。

[9:27] そしてジョン・ケリーは、この危険な世界で、戦争はときに選択肢の1つになるが、第1の選択では決してない、と信じています。

  ◇

[後半0:02] 少し前、私はイリノイ州東モリーンにあるVFWホールで、シェイマスという若者に出会いました。185~188センチの長身、澄んだ眼をした、人懐っこい笑顔の、好青年です。海兵隊に入隊した彼は、翌週イラクに向かうと話してくれました。

[0:22] 彼が海兵隊に志願した理由、この国とこの国のリーダーに対する絶対的な信頼、任務に対する献身ぶりを聞きながら、私はこの青年こそ、だれもが子どものころに抱く、希望そのものだと思いました。

[0:36] けれども、続いて私は自問しました。シェイマスが国に献身しているのと同じぐらい、私たちはシェイマスに対して献身的だろうか?

[0:44] 私は900人余りの、もう故郷には戻ってこない男女の兵士、子供たち、夫婦、友人やご近所の人々のことを思いました。以前出会った家族は、伴侶の収入減で苦労していました。また、大切な家族が生きて戻ったものの、足を失ったり、精神を病んでいるケースもありました。こうした不自由にもかかわらず、長期の医療保険が効きません。彼らは予備役にいるからです。

[1:08] 若い男女をつらい道に送り出すとき、私たちには厳粛な義務が課されます。数字をでっち上げたり、戦争の本当の理由を隠してはなりません。兵士が不在のあいだは家族の面倒を見、兵士が帰任する際は心配りをするのが義務です。戦争に勝ち、平和を維持し、世界の尊敬を得られるだけの兵力を持たないまま戦争に行ってはならないのは、当然です。

[1:42] はっきり言いましょう。世界にはわれわれの敵が存在します。彼らを見つけ出し、追いかけ、打ち負かさなければなりません。ジョン・ケリーはそのことをわかっています。ベトナム戦争中、ケリー大尉は同僚を救うため命を投げ出すことをためらわなかったように、ケリー大統領は、アメリカの安全のため軍事力の使用を一瞬たりとも、ためらわないでしょう。

[2:11] ジョン・ケリーはアメリカを信じています。そしてアメリカは、一部の人間の成功だけでは不十分だと知っています。なぜなら、アメリカの歴史(=saga, 長編物語)には、名だたる個人主義と並んで、もう1つ別の要素があるからです。

[2:26] それは、1つの国民としての結びつきです。もし、シカゴ南部に読み書きのできない子どもがいれば、それは私にとって、自分の子どもでなくても、重要です。もし近くにいるお年寄りが薬代を払えず、薬か家賃かの選択に迫られているとしたら、自分の祖母でなくても、それは不幸です。もしアラブ系米国人の1家族が刑事裁判で不当な扱いを受けているとしたら、それは私の市民的自由をも脅かしているのです。

[3:01] この基本的な信念──自分が弟を守っている、私が妹の保護者だ──この信念こそがこの国を動かしています。これがあるからこそ、個人の夢を追いかけながら家族が1つに結びついていられるのです。“E pluribus unum”(編集部注:米国の国章の鷲がくわえているモットーの文言で、one out of manyの意味) 多数からできた、1つなのです。

  ◇

[3:30] こうして話してる間にも、われわれを分断させようと準備する情報戦の名人や、ネガティブ広告の行商人がいます。彼らにとって、やりたい放題の政治は大歓迎です。

[3:40] 彼らに言いたい。「リベラルなアメリカ」や「保守的なアメリカ」など存在しない。あるのはアメリカ合衆国、それだけだ。「黒人のアメリカ」や「白人のアメリカ」「ラテン系のアメリカ」「アジア系のアメリカ」も存在しない。あるのはアメリカ合衆国、それだけだ。

[4:03] 専門家も好んで、タテやらヨコやらに米国を刻んで、「赤い州」の共和党と「青い州」の民主党に色分けするが、彼らにも言いたい。青い州でも偉大な神は崇拝されているし、赤い州でも連邦政府の役人が図書館をぶらつくの嫌がっている。青い州でリトルリーグのコーチもするし、赤い州にゲイの友人もいる。

[4:31] イラク戦争に反対する愛国者もいれば、支持する愛国者もいる。われわれは1つの国民であり、国民全員が星条旗に忠誠を誓っている。全員で、合衆国を守っているのです。

[4:54] 最終的に、この選挙の本質はここにあります。私たちはシニシズムの政治に参加するのか、それとも希望の政治に参加するのか? ジョン・ケリーは、希望の政治を私たちに呼びかけました。ジョン・エドワーズ(2004年大統領選での民主党副大統領候補)も希望の政治を呼びかけました。

[5:18] ここで話しているのは、盲目的な楽観主義ではありません。それは、口にしなければ失業問題が消えるだろう、無視していれば医療危機が自然に解決するだろうと考える、意図的な問題無視です。そうではなく、私が話しているのは、もっと本質的なことです。

[5:34] それは、奴隷がたき火を囲み、自由を歌ったときの希望。移民たちが遠く離れた海岸を目指して旅立ったときの希望。若き海軍大尉がメコン・デルタを恐れずにパトロールしたときの希望。製粉所の労働者の息子が、ありがちな自分の未来に反抗したときの希望。妙な名前のやせっぽちの子どもが「アメリカには自分のための場所もある」と信じたときの希望。

[6:07] 困難に直面したときの希望。不確かさに直面したときの希望。そういった希望が生み出す大胆さ、勇敢さ(The audacity of hope)について話しているのです。

[6:16] 結局、これこそが神が私たちに授けた才能であり、この国の土台なのです。それは、まだ見えないものを信じ、よりよき日がやってくると信じられる才能です。私は信じています。ミドルクラスの負担を軽減し、共働き世帯に機会を提供できると。私は信じています。職のない人には職を、家のない人には家を提供できる、都市部の若者たちを暴力と絶望から救い出せると。歴史の転換点に立っている私たちは、正しい選択をして、自分たちへの、アメリカへの挑戦に立ち向かうことができる。そう信じています。

[6:53] 今夜もしあなたが、私と同じエネルギー、同じ焦り、同じ情熱、同じ希望を感じられたら、そして、やるべきことをやったら、11月にはジョン・ケリーが大統領としてジョン・エドワーズは副大統領として、宣誓していることでしょう。この国は約束を取り戻し、長かった政治の暗闇から抜け出し、明るい朝を迎えるはずです。 (了)

comment

管理者にだけメッセージを送る

FC2カウンター
検索フォーム
プロフィール

itaxes

Author:itaxes
大学卒業後、銀行・官庁勤務を経て、社会人大学院生となる。
環境問題にかかる税金や賦課金制度について研究しています。

Twitter
 
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

グーグル ワクチン製造中止 コーチャンフォー 東京都排出量取引制度 クレジット・デフォルト・スワップ セグウェイ グリーン・ニューディール 2事業とは 北海道銀行 逆進性アプローチ トヨタ 奨励金 すき家 メディアリテラシー 派遣労働者をとりまく法的関係 インフルエンザの感染者数 雇用保険料率及び国庫負担の推移 中国が世界で一番車が売れる市場 超油性ボールペン 郵便法違反事件 マイカーは依存性の高い嗜好品 父の日プレゼント 男子100mの世界記録の変遷 直リンク 丸井今井再建 合格発表 Dropbox 日本はガラパゴス化している ブリヂストン 租税法ゼミ ロースクール 野田聖子 超過死亡 調整型紛争解決 2010(平成22)年度の雇用保険料率 ボリューム・ゾーン ジェットストリーム 銀行員 ジャルエクスプレス 雇用保険料率の推移 丸井さんの強み エコ価値 プロ市民 2009年の衆議院総選挙で当選した女性の数 新エネルギー・産業技術総合開発機構 整理解雇の4要件 プロ意識 八月革命説 クラウドコンピューティングを自治体が導入 自治体のWTO違反懸念 中国の人口問題 一人勝ち ワークシェアリング スーパー公務員 金融商品取引法 硫黄固化体 久米宏 不妊治療 NEDO 法学部の試験に最適のペン 法科大学院別合格者数 太陽電池の投資競争 丸井さんを助けよう 光復節 「カエル!ジャパン」キャンペーン italicycle 三面等価の原則 公務員のリストラ 外国人 インフルエンザ AFLO 年上女房 丸井今井 道内百貨店 平成22年度税制改正要望 失業率は遅行指標 ユニクロ リコール ドイツ政府補助 硫黄 ハイブリッドカー テレビは見てはいけない 正社員の副業 放送倫理検証委員会 中小企業の資金繰り支援 第104回医師国家試験 子飼弾 高島屋 労働審判 障害者団体向け割引制度 プリウスの原価 クボタショック 一括採用システム 三越伊勢丹HD 法化社会 日本年金機構 三菱鉛筆 クラウド・コンピューティング 雇用者数の減少 たばこ税 租税法 石綿肺 自民党と共産党の連立 自治体クラウド 三越 アスピレーシン・コンシュウーマー 全国百貨店売上高 丸井さん マイカー保有の生涯コスト 貸し渋り 左利き メディア統制 08憲章 過去問 犯罪の公訴時効撤廃・延長のための刑事訴訟法改正案 公共政策大学院 太陽光発電 超過死亡概念 エイジフリー 憲法記念日 ファーストリテイリング 公訴時効 労働契約法 中国からの撤退 京都議定書 公務員の効率向上の特効薬 派遣村 残価設定プラン 日本民間放送連盟 アメリカ合衆国法典18編213章3281条憲法第84条 有機農法 北海道の百貨店を取り巻く環境 グリーン電力証書 外貨獲得手段 西武百貨店 厚生労働省 女性の雇用問題 内定取消の相場 ものづくりの本質 反知性 びまん性胸膜肥厚 派遣切り 終戦の日 ワークライフバランス 囚人のジレンマと談合 ボールサイン80 サムライジャパン 母親になる環境 ページビュー 鶴雅 排出枠 OECD バラエティーが嫌われる5つの瞬間 中国 トウキビ GM ゲーム理論 爆笑問題 岩隈 泉佐野市企業誘致条例施行規則 Google.cn 日本国憲法第39条 個人情報保護条例 国と企業との「共同不法行為責任」  サクラクレパス 勝間和代 ワイルドスピード 民事再生法 マイカーの外部不経済 民主党のマニフェスト デンソー 北洋銀行 PUMA トヨタの時価総額 投資の歩留まり 伊勢丹 始期付き解約権留保付き労働契約 プレップ憲法 社会保険庁 三菱車購入補助 アニメの殿堂 GDP比2%の財政出動 新司法試験 金融強化法 新型と季節性 サイバー攻撃 青少年に推奨できる番組は週3時間程度 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。