スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛のげっぷとカシューナッツ

今回は牛のげっぷとカシューナッツの話をします。(2008年3月25日北海道新聞から一部編集)
------------------------------------------------------------
「牛の餌にカシューナッツの油でメタン9割抑制 北大大学院・出光チーム発見」
 カシューナッツの殻から抽出した植物油などを飼料に混ぜると、地球温暖化をもたらす温室効果ガスの一つで、主に牛のげっぷとして排出されるメタンの発生量を9割減らせるという研究成果を、出光興産(東京)と北大大学院農学研究院の家畜栄養学研究室の共同研究チームがまとめた。飼料のエネルギー効率の高まりで飼料の削減や病気予防にも効果が期待できるという。
 出光は十数年前から補助飼料の研究を各大学と進めており、2007年4月から北大と共同研究を始めた。カシューナッツの殻を砕いた植物油でガスの発生が抑制され、メタンの発生量は9割削減できたという。出光は、搬送しやすい粉末状にすることで、2011年度の商品化を目指す。研究成果は日本畜産学会で北大側から発表される。
 メタンの抑制には従来、抗生物質が使われていたため、「天然物質での削減は画期的」とのこと。
------------------------------------------------------------

1メタンガスとは
メタンガスとは、熱吸収率が高く、温暖化現象を促進する気体です。
地球上に存在するメタンガスは、野牛や家畜などによる呼吸だけで25%を超え、他に肥料、天然ガスや水田、ゴミの埋立て、化石燃料の燃焼などで年に2億5千万トンが排出されています。
また、シベリアの永久凍土、東南アジアなど熱帯地域にある泥炭湿地からも発生しています。

2メタンガスの温室効果について
メタンガスは、単位量あたりの温室効果がCO2の21倍あると言われています。そのため排出量としてはCO2(以前のエントリー「電卓にもついてるよね」において2003年度のCO2排出量は252億トンであるというのを紹介しました。)の約1/100ですが、温室効果ガス全体における影響を計算するとCO2の約60%に次いで、約20%の影響を及ぼします。
ガス田の塔の上から火が出ているのは、放出されるメタンを燃やして温室効果が低いCO2にするためです。
最近、海底や永久凍土の中に眠っている膨大なメタンガス(メタンハイドレートと呼ばれています)が放出された場合、地球温暖化が急加速する可能性があるという警告が発表されたそうです。海中のメタンハイドレートは深海部の平均水温が2-3℃上昇するとメタンに変化し、メタンハイドレートの160倍以上のメタンになるといわれています。
なお、京都議定書では温室効果ガス6種(CO2、メタン、亜酸化窒素、ハイドロフルオロカーボン類(HFCs)、パーフルオロカーボン類(PFCs)、六フッ化硫黄)を1990年比で一定数値を削減することを義務づけております。

3有効利用について
メタンガスは、別名バイオガスとも言われ、新しいガス資源として注目されています。
中国や東南アジアなど温暖な地域では、古くから家畜糞尿などを原料にした嫌気発酵によって生成するメタンを煮炊きなどに使ってきました。近年は、日本においてもメタン発酵を利用したメタンガスプラントの導入事例がみられるようになってきています。
metan-001.jpg


また、メタンハイドレートは資源エネルギーが乏しい日本周辺にも、大量に存在する将来の資源として期待されています。大量に存在するだけでなく、メタンハイドレートから得られたメタンガスは、家庭の都市ガスや天然ガス車、燃料電池といった色々なエネルギーに利用できるクリーンな資源といわれています。日本周辺では北海道から沖縄まで存在すると推定され、特に南海トラフ(東海地方沖から宮崎県沖)と呼ばれる地域に広く分布していると考えられてます。

4まとめ
今日のまとめはメタンガスを1トン削減することはCO2を 21トン削減したことと同じ効果があるということです。最初は牛のげっぷと環境が結びつくとは想像がつきませんでしたが、今回の共同研究はとても意義のあることですね。
 

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/environment/83329.html?_nva=10
http://eco.goo.ne.jp/word/issue/S00061_kaisetsu.html
http://www.pjrcdm.com/climate_change_jp.htm
http://ondanka.jugem.jp/?cid=9
www.jogmec.go.jp/

comment

管理者にだけメッセージを送る

北大のHP

北大プロジェクトチームのサイトです。
詳細な説明があります。
ぜひ一度訪れてみてください。

http://www.agr.hokudai.ac.jp/anim/nutr/geppu.htm
FC2カウンター
検索フォーム
プロフィール

itaxes

Author:itaxes
大学卒業後、銀行・官庁勤務を経て、社会人大学院生となる。
環境問題にかかる税金や賦課金制度について研究しています。

Twitter
 
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ユーザータグ

東京都排出量取引制度 貸し渋り 自民党と共産党の連立 ファーストリテイリング トヨタの時価総額 エコ価値 野田聖子 京都議定書 ページビュー 反知性 ボリューム・ゾーン 派遣切り 社会保険庁 三面等価の原則 GM 残価設定プラン インフルエンザ ジャルエクスプレス italicycle 雇用保険料率及び国庫負担の推移 直リンク 銀行員 プレップ憲法 法学部の試験に最適のペン 障害者団体向け割引制度 中国が世界で一番車が売れる市場 全国百貨店売上高 リコール 個人情報保護条例 左利き 派遣村 金融強化法 グーグル 太陽電池の投資競争 プリウスの原価 整理解雇の4要件 サイバー攻撃 クボタショック 内定取消の相場 丸井さん 公務員の効率向上の特効薬 泉佐野市企業誘致条例施行規則 雇用者数の減少 始期付き解約権留保付き労働契約 奨励金 Google.cn 勝間和代 太陽光発電 失業率は遅行指標 北海道の百貨店を取り巻く環境 AFLO テレビは見てはいけない 自治体のWTO違反懸念 法科大学院別合格者数 丸井今井再建 終戦の日  バラエティーが嫌われる5つの瞬間 Dropbox トヨタ 郵便法違反事件 中国からの撤退 ハイブリッドカー 三越伊勢丹HD 八月革命説 ワークライフバランス 硫黄固化体 青少年に推奨できる番組は週3時間程度 デンソー たばこ税 公訴時効 サクラクレパス アニメの殿堂 クラウドコンピューティングを自治体が導入 雇用保険料率の推移 トウキビ ロースクール 北洋銀行 スーパー公務員 超過死亡概念 第104回医師国家試験 岩隈 GDP比2%の財政出動 外国人 ジェットストリーム ゲーム理論 ボールサイン80 メディア統制 投資の歩留まり 2010(平成22)年度の雇用保険料率 新司法試験 セグウェイ 租税法 平成22年度税制改正要望 PUMA 年上女房 グリーン・ニューディール 西武百貨店 法化社会 新エネルギー・産業技術総合開発機構 一人勝ち 過去問 2009年の衆議院総選挙で当選した女性の数 労働審判 中国の人口問題 ブリヂストン アメリカ合衆国法典18編213章3281条憲法第84条 公共政策大学院 ユニクロ インフルエンザの感染者数 丸井今井 ものづくりの本質 伊勢丹 派遣労働者をとりまく法的関係 エイジフリー 犯罪の公訴時効撤廃・延長のための刑事訴訟法改正案 民主党のマニフェスト OECD 憲法記念日 一括採用システム 有機農法 コーチャンフォー 08憲章 新型と季節性 中小企業の資金繰り支援 「カエル!ジャパン」キャンペーン 自治体クラウド 三越 日本民間放送連盟 マイカー保有の生涯コスト アスピレーシン・コンシュウーマー 三菱鉛筆 民事再生法 鶴雅 超過死亡 日本はガラパゴス化している 正社員の副業 子飼弾 高島屋 マイカーは依存性の高い嗜好品 丸井さんの強み 囚人のジレンマと談合 クラウド・コンピューティング 母親になる環境 石綿肺 久米宏 逆進性アプローチ 女性の雇用問題 厚生労働省 プロ市民 クレジット・デフォルト・スワップ びまん性胸膜肥厚 調整型紛争解決 サムライジャパン ワイルドスピード グリーン電力証書 金融商品取引法 丸井さんを助けよう 2事業とは 男子100mの世界記録の変遷 NEDO 中国 合格発表 租税法ゼミ ワクチン製造中止 労働契約法 光復節 硫黄 三菱車購入補助 プロ意識 不妊治療 すき家 爆笑問題 排出枠 国と企業との「共同不法行為責任」 父の日プレゼント 超油性ボールペン メディアリテラシー 北海道銀行 道内百貨店 日本年金機構 ドイツ政府補助 ワークシェアリング マイカーの外部不経済 外貨獲得手段 放送倫理検証委員会 公務員のリストラ 日本国憲法第39条 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。